食物繊維とは

十分な食物繊維を確保するために、野菜中心の食生活をしていたり、サプリメントを使う人がいます。食物繊維には、血糖値を抑えたり、便秘を解消する作用があるといいます。昔の考え方では、食物繊維は食べ物のカスであり、体内に取り入れても何の効果もないものだと思われていました。食物繊維は、人間の消化酵素では消化しきれない成分の相称で、多くは植物や海草の細胞壁です。食物繊維は果物や海藻に多いだけでなく、いもや野菜にも含有されています。たけのこやごぼうが代表格です。玄米や野菜など、昔ながらの日本の食べ物は、食物繊維がたくさん含むことが多いようです。パン食や肉食文化が進んだことで、食物繊維の摂取量は減ってきています。大麦のような雑穀が食卓にのぼることは滅多になくなりましたし、肉や乳製品が多く、穀物の摂取量が減ったことが、大きな変化です。多くの日本人が、男性は1日19g、女性は1日17gという食物繊維の1日あたりの摂取量をとりきれていないようです。特に10〜40代の摂取量が少ないといいます食事からの摂取が難しい場合は、食物繊維を含有したサプリメントなどを活用するといいでしょう。4〜5gの食物繊維が含まれているサプリメントが、市販品では多いようです。本来であれば、食物繊維は食べ物から補給したいものですが、補助的な意味ではサプリメントも効率的です。

食物繊維サプリメントの選び方

食物繊維のサプリメントには、色々な商品があります。どんな選び方をすれば、いいサプリメントが使えるでしょう。食物繊維には不溶性と水溶性があり、性質が異なっています。腸を内側から刺激し、有害物質や老廃物の排出を促すのは、穀物に多く含まれる不溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は粘性があり、糖分の吸収がゆっくりになるので、果物や海草類に含まれます。人間の体に必要な食物繊維は両方で、どちらか片方に偏ってはよくありません。サプリメント選びでも両方を選べるものにしましょう。サプリメントの摂取方法として、毎日の食事内容でどの植物繊維が不足しているかを調べて、不足を補うようにするのもおすすめです。食物繊維サプリメントを便秘の症状をよくするために使っているなら、複数の栄養素を組み合わせてみましょう。食物繊維は、便を柔らかく、大きくする作用があります。ただし、便秘を改善するためには、腸の働きが活発になるように働きかける必要があります。腸内の善玉菌をふやすため、食物繊維サプリメントをだけで乳酸菌やオリゴ糖を摂取する必要があります。オリゴ糖を摂取することで、腸内のビフィズス菌が多くなり、腸がよく動くようになります。一種類のサプリメントで、食物繊維だけでなく乳酸菌も補給できるという商品もあります。

食物繊維サプリメントの重要性

食物繊維サプリメントを利用する人が増えてきましたが、以前は食物繊維は不要な成分と思われていました。健康維持に効果があることがわかってからは、食物繊維は1日にどのくらい摂取する必要があるかも明確になりました。食物繊維の摂取量が減っていることが、目下の日本の食卓の懸念事項です。食事だけでは不足気味な食物繊維を補うため、サプリメントを使う人が増えています。食物繊維には、不溶性と水溶性とがあり、どちらか一方に偏らないように気をつけなければいけません。食物繊維を取り入れることができる食材は、豆類、海草類、緑黄色野菜など色々ですが、食事だけで食物繊維を摂るのは大変です。自炊より、外食やファーストフードの利用頻度の方が多い人もいます。食事だけで必要量の食物繊維を食べたくても、ご飯そのものを余り食べていないという人もいます。効率的に、間違いなく栄養摂取ができるところがサプリメントの利点です。持ち歩き安く、保存も容易なので、食物繊維を確実に体内に補給したいという人向けです。水溶性、不溶性の食物繊維のどちらをどれだけ摂取するかも、簡単に把握できます。ただし、サプリメントだけで食物繊維を補給しようという考えはやめましょう。可能な限り、食べ物に含まれている食物繊維を摂取するようにし、欠乏分のみにサプリメントを使います。